ホーム > 事業方針

■事業方針

当社は高度情報化の中、顧客のニーズに応え、サービスの向上に努め、常に会社への貢献に心がけ、社員の個性を尊重し、可能性の限界に挑戦しています。   業務は各種のデータベース、オンラインアプリケーション、パッケージ、ベーシックソフトウェアなどの開発や、ネットワークの構築など、ソフトウェアを運用管理していくことです。又、コンサルテーションなどの数多くの分野で築いてきた開発実績は、お客様からの高い信頼を得ています。

最近は、情報処理の進歩の早さについていけない技術者が多くなり、又、ユーザー先のニーズが多様化して、求めるスキルが多くなってきています。
そして、コミュニケーション能力と技術的な経験を兼ね備えたプログラマーやシステムエンジニアを必要としている為、人材確保が困難になってきています。
そこで潟Gヌ・アール・エスでは、社員一人一人が5年後、10年後の夢やビジョンを持てるようスキルアップの為の教育に力を入れています。また、いくつかの社内制度を作り、社員のモチベーションを高める努力をしています。
以下に社内で行っている教育や制度などを記します。
今後も、会社と社員が協力してスキルの高いコミュニケーション能力のあるエンジニアを育てて生きたいと努力していきます。

1.定例会(セミナー)
  毎月全社員が集まり、一人一人業務報告を行い、他人にわかりやすく話す練習や具体的な課題を出し、その内容に詳しい人が発表や説明を行う。

2.社会人としての常識やマナーの研修
  挨拶の方法や名刺交換や電話などの対応を、ロールプレイング形式を含めて必要に応じて随時行っています。

3.面接の練習
  得意先との面接時の会話の練習を随時行っています。
  コミュニケーションの苦手な社員中心に対応しています。

4.個人面談形式研修
  各個人的に、仕事に対する考え方や意識の持ち方などを話し合い、目標を明確にしていきます。

5.管理職教育会議
  管理能力を養う為の会議で毎月行っています。

6.主な社内制度
  1)長期勤続優待制度
    入社日から10年以上勤務した社員に永年勤続手当を支給する制度です。
    (10年毎に行う)
  2)資格手当制度
   情報処理試験やその他のシステムエンジニアに必要な試験の合格者に資格手当てを与える制度です。
  3)独立支援制度
   社員が退職し、独立する際に、経済的又は仕事の面から支援し、協力体制を作る制度です。
  4)社宅制度
   地方出身の方で、都内で働きたい方に安心した生活を送っていただくための制度を導入しました。

Copyright(c) 2005 New Rising System.

お問い合わせサイトマップ